YBP PROJECTの新たな挑戦「fever」。先行販売期間は26日まで

YBP PROJECTがトライする新たなチャレンジ、”コミュニティ”の価値を売買できるサービス「fever (フィーバー)」。現在、YBP PROJECTが発行するコインを先行販売(公募)しています。


その先行販売(公募)期間が4月26日までとなってますが、なぜその期間までにコインを買ったほうがいいのか?コインを買うことのメリット、リスクについて、改めて、要点をまとめました。

「楽しんだ分だけ日本代表のチカラになる」をコンセプトに掲げるYBP PROJECTの活動に興味のある方に、ぜひお読みいただければ幸いです。

今回、YBP PROJECTがチャレンジしている「fever(フィーバー)」ですが、考え方としては、クラウドファンディングと同様で、「興味がある」、「応援したい」プロジェクトに支援をしていただくという形になります。


ただ、クラウドファンディングと違う点は、お金でリターンを購入するのではなく、プロジェクトが発行するコインを買って、そのコインを使用して興味があるリターン(チケット)を購入することができるという点です。



■なぜ、コインを発行するのか

 ①1コインあたりの価格が変動可能で、コミュニティの価値を測ることができる。

 ②コミュニティ内で売買できる。


このあたりは、株式会社の「株」を買う・売るという考えと同様です。

多くの人がコインを購入することにより、YBP PROJECTがFever内で人気のコミュニティになると、1コインあたりの価格が変動します。


現状の初期設定は1コインあたり215円ですが、7月以降、価格が変動されていくので、今後1コインあたりの価格が変わってきます。


例えば、現在10コインを購入したら2150円ですが、コイン価格が上がって1コイン300円になれば、10コイン買うのに、3000円で購入することになります。


つまり、今後「このコミュニティ熱いぞ」「ひょっとするとフィーバーするぞ」「応援するぜ」という方が増えて、より多くの方がコインを購入してコミュニテイに参加すると、コイン価格が上昇し、YBP PROJECTのコミュニティ価値が高まります。


そうすると、結果的にYBP PROJECTに活動費が生まれ、施設の充実、トップライダー達の挑戦の後押しとなる活動がよりスムーズになるという仕組みです。


さらには、コミュニティがもりあがってくれば「Fever」のサイトに訪問する業界外の方にも興味をもってもらえる可能性があり、YBP PROJECTの活動をより多くの方に広めるチャンスがあるということです。その可能性は無限大です。


Feverというサービス自体、まさに始まったばかりですが、その先進的な発想や考え方に対して、多くの注目が集まっています。


そうした中で、今回YBP PROJECTが参加するチャンスをいただけたので、 これまで以上に楽しい未来を追い求めて、より多くの方にコミュニティに参加していただける流れを作っていければと思ってます。


■ハッピーをシェア!コイン購入の使いみち

 ①YBP PROJECTが提供するサービスの購入。

 ②コミュニティ内で、コインを売買する。


現在、先行販売(公募)期間に公開しているチケットは6つです。今後は、その数を増やして皆さんにより興味をもってもらえるようなサービスを提供していきたいと思ってます。


そして、そのチケットを買う際には「YBP PROJECTコイン」で購入する流れになります。


ただ、今後コインの価格は変動します。


つまり、今後、買いたいと思ったときには、1コインあたりの価格は、今より高くなってる可能性があります。


ただし、現在の先行販売(公募)期間中(4月26日まで)は値段の変動はありませんので、この期間中にコインを購入することをお勧めしています。


また、7月以降、コインの価格が変動を開始したのちにコインを購入した方はコミュニティ内でコインを売買することができます。


つまり、YBP PROJECTのコミュニティが盛り上がり、コインの価格が上がれば、同時にコイン保有者のコインの価値もあがり、保有者の自由で売買することができます。


それが購入していただいた方の大きなメリットになり、YBP PROJECTにとっても、コインを買った人にとってもハッピーになるということになります。


コインを購入することのデメリットは何か?

価格が変動するということで、YBP PROJECTのコミュニティに元気がなければ、当然、コインの価値は下がります。


コインの価値が下がれば、最初に購入した金額より、1コインあたりの金額も下がり、コイン保有者にとっては、売りたくても、売れないし、買った金額から考えれば、損はしてるしと、誰もがハッピーではない状態になります。


その状態を避けるためにも、なんとか多くの方にコインを買っていただけるような活気あるコミュニティつくりをしていかなければなりません。


ちなみに、価格が変動したからといって、あとから、追加で請求されるようなことはありません。そこに関してはご安心ください。

■だからこそ、YBP PROJECTにとっては新たな挑戦

上記を踏まえて、YBP PROJECTは考えます。


「もっと楽しいプロジェクトにしていかないといけない」と。


まさに新たな挑戦です。


コミュニティに興味をもってもらい、コインを購入していただいた方は、いろいろな意味でYBP PROJECTの未来に期待を持ってもらった人になります。


つまり、その方たちのためにも、YBP PROJECTとしては、今まで掲げてきた「楽しんだぶんだけ日本代表のチカラになる」というモットーをさらにつきつめなければなりません。


より多くの方がハッピーになり、喜んでもらうことで、海外に挑戦するライダーたちの環境を整える。


それをトライしつづけることで、コミュニティやBMXやMTBの価値をあげて、より多くの方とハッピーを共有することが、今回フィーバーに挑戦した大きな理由であります。


この無限大の可能性を利用して、さらに大きなコミュニティの場にしていきたいと思ってます。ぜひ、皆さんで一緒にもりあげていただければと思います。