2015BMX世界チャンプが決定!男子エリートは、オランダのキンマン。女子はベネズエラのステファニー・ヘルナンデス。

ベルギーで行われたBMX世界選手権は25日、2015BMX世界チャンプが決定!男子エリートは、オランダのキンマン。女子はベネズエラのステファニー・ヘルナンデスとなりました。


それぞれの映像が、UCIチャンネルにアップされています。


男子の決勝動画

キンマンのオンボードカメラ


女子エリート決勝


ステファニーのオンボードカメラ。

エリートの男女のレースとも、直前まで大雨に見舞われ、コース条件が悪化。


雨でのスリップの危険性から、8mスタートヒルではなく、急遽6mスタートヒルを利用したレースに変更され、コースのコンディションが回復しないまま決勝を迎えるという、世界戦では稀に見る悪条件の中でのレースとなりました。


男女とも、絶妙なコーナーリングが勝敗につながったように見えます。


ステファニーに関しては、第1ストレートのバームを曲がった後では3位につけていましたが、ジャンプとジャンプの間の水たまり付近で、前を走る前世界チャンプのブキャナンがわずかに失速した瞬間に第2バームで強気のライン取りを仕掛け、前を走る2選手を差し、そのままトップで走りきり栄冠を手にしました。


日本から出場した日本のエース長迫吉拓、吉村樹希敢と吉井康平ら3選手とも予選を勝ち上がりましたが、長迫は1/8決勝で転倒し敗退。吉村樹希敢と吉井康平も勝ち上がることができずにレースを終えました。