祝!UCIから正式発表!BMXレース 日本代表悲願達成!2大会ぶりとなる五輪出場が確定!

5月末コロンビア・メデジンで行われた2016 UCI BMX世界選手権大会にて、2015年から続いてきた2016年リオオリンピックに向けた出場枠争いが終了し、日本代表 男子は、リオオリンピックの出場国枠圏内のボーダーラインとなる13位を確定させました。


そして本日(6月7日)、ついに出場国枠がUCIから正式発表!

以下の通り。

(UCI Qualifying places BMX 2016 より)


ご覧の通り、BMXレース 日本代表悲願達成!2大会ぶりとなる五輪出場が確定!1枠の出場枠を獲得することができました!素晴らしい!


リオオリンピックの出場選手は、JCF日本自転車競技連盟の発表している 第31回オリンピック競技大会の選手選考基準 にある「UCI 個人エリートランキングの最高獲得日本人選手 1 名を選考し、次点を補欠とする。」とされており、世界ランキング38位の長迫吉拓(岡山/モトクロスインターナショナル)が選出され、リオオリンピックに出場することになります。


今回、五輪への出場は叶いませんが、日本代表として長迫らと出場枠を獲得するために世界と戦い、国別ポイントを獲得してきた男子の日本代表、吉村樹希敢(大阪/クレジットレーシング)、松下巽(神奈川/早稲田大学大学院)、吉井康平(MX International /HARO)らの日本代表チームのメンバーにも最大限の賛辞をお願いしたいと思います。


そして、前回ロンドンオリンピックの出場を惜しくも逃した経験を糧に、日本代表コーチとしてメンバーを支えてきた三瓶将廣氏にも、感謝を伝えたいと思います。


日本代表2大会ぶりの五輪出場、本当におめでとうございます!